浜の歴史・文化

鯨鯢供養塔(呼子町小川島)
小川島を中心とする捕鯨は「西海捕鯨」といわれており、三陸、紀州、土佐とともに日本の4大捕鯨の一つに数えられています。西海捕鯨は、17世紀初頭に当時紀州で捕鯨の突取法で大きな成果をあげていたことから、肥前大村藩の深澤儀太夫 […]


魚見台跡 (浜玉町)

浜玉町の魚見台公園は、浜崎の漁師たちが、明治から大正にかけて、季節にごとに回遊してくる魚群をいち早く見つけ、効率よく漁獲するために見張りをたてた場所です。日本では、明治時代から全国各地に魚見台がありましたが、現在は魚群探 […]


遠見番所(とおみばんどころ)公園 (肥前町)

遠見番所(とうみばんどころ)は、江戸時代に外敵の侵入や船舶の不法行為を見張るために設置された施設で、兵士が日夜駐留し、何かあれば烽火台(のろしだい)を使い、連絡していました。遠見番所跡は各地に残っていますが、公園化してい […]


番所の辻(馬渡島)

幕末の黒船来襲を恐れていた頃は、ここに沿岸防備のために遠見番所を設け、黒船を発見すれば烽火をあげて名護屋の大庄屋に知らせ、名護屋からは唐津城まで早馬を走らせていたということです。この烽火の跡が展望台のすぐ北側に残っていま […]


鯨鯢供養塔(呼子)

鯨組主の三代目中尾甚六が、子鯨を身ごもっていた鯨を誤って殺してしまったため、その霊を慰め供養するために、宝暦5年(1755)に鯨1頭分の代価全額を当てて建立した龍昌院の中に立てられています。呼子の捕鯨については、呼子町で […]


鯨見張所(呼子町小川島) 

小川島の鯨見張所は、中尾氏が捕鯨を行った江戸から明治の初めまでの間、捕鯨の最前線基地でした。漁の開始(組出し)は10月下旬から11月初旬で、組出しに際しては組主の館(中尾邸)で出漁祝いの宴会が催され、その勢いで前線基地の […]


漁港の恵比寿さん

恵比須さんは、一般的にはいざなぎの尊といざなみの尊の間に生まれた蛭子尊(ひるこのみこと)とされています。 恵比須さんは、皆さんもご存じのとおり狩衣(かりぎぬ)をまとい、頭には風折烏帽子(かざおれえぼし)をかぶられています […]


唐津地区の歴史・文化マップ