2024玄海の海洋プラごみ回収プロジェクト

海洋生態系や漁場環境に影響を及ぼしている海洋プラごみの回収を下記により実施します。①の安全な海岸の回収は、ボランティアの方々にもご参加をお願いします。回収した海洋プラごみは、すべて産業廃棄物処理場でRPF(固形燃料)として再生し、製紙工場などのボイラー施設等で石炭に代わる環境にやさしい燃料として使用されます(海洋プラごみ1トンをRPF化して石炭に代わり利用することで約2トンのCO2削減につながります)。

安全な海岸の海洋プラごみ回収(ボランティア参加歓迎 2時間程度 1回あたり20名程度 参加賞あり)

 第1回 6月1日(土)  集合時刻09:30 場所 唐津市呼子町大友の浜➨MAP 予備日6月15日(土)

 第2回 6月29日(土)  集合時刻09:30 場所 唐津市肥前町大神の浜➨MAP 予備日7月14日(日)

 第3回 9月14日(土)  集合時刻10:00 場所 未定(7月に決定します)    予備日9月28日(土)

 第4回 10月12日(土)集合時刻10:00 場所 未定(7月に決定します)    予備日10月26日(土)

 第5回 11月9日(土)  集合時刻09:30 場所 未定(7月に決定します)    予備日11月23日(土)

 ※延期等の場合は、実施日の2日前にメールか電話でお知らせします。

 ※それぞれ回収時間は2時間程度です。軍手、火はさみ、飲み物等は事務局で用意します。

 ※持参品:滑りにくい靴(スニーカー等)、帽子、タオル  


漁船を使う海岸の海洋プラごみ回収(漁業者による回収)

 7月~9月にかけて肥前町で漁業者が実施します。


海中の海洋プラごみ回収(漁業操業中に海面や海底の海洋プラごみ回収)

 6月~2月にかけて玄海沿岸域で漁業者が実施します。

 

④その他の漁業者による海洋プラごみ回収

 第1回 4月6日(土) 肥前町駄竹 回収量460kg 

 

メモ: * は入力必須項目です

※個人情報につきましては当該事務に必要な際にのみ使用し、その他の目的には一切使用しません。

※資料送付方法を「メール」とされた方でドメイン受信制限をかけられている場合は、「karatsu-hama.net」の受信設定をお願いします。


ボランティア参加者

匿名希望(佐賀市)

原田啓二様(佐賀市)

匿名希望(みやき町)

匿名希望(佐賀市、予備日のみ)

匿名希望(唐津市)

匿名希望(佐賀市)

溝口清人様(佐賀市)

小原直様(唐津市)

匿名希望(唐津市)

匿名希望(唐津市)

匿名希望(唐津市)

匿名希望(唐津市)

匿名希望(唐津市)

匿名希望(佐賀市)

匿名希望(佐賀市)

匿名希望(みやき町)

匿名希望(佐賀市)

匿名希望(佐賀市、予備日のみ)

藤原利幸様(唐津市)

藤原伊豆代様(唐津市)

匿名希望(佐賀市)

匿名希望(みやき町)

匿名希望(佐賀市)

匿名希望(佐賀市)

藤原利幸様(唐津市)

藤原伊豆代様(唐津市)

溝口清人様(佐賀市)

 

匿名希望(みやき町)

匿名希望(佐賀市)

匿名希望(佐賀市)

藤原利幸様(唐津市)

藤原伊豆代様(唐津市)

溝口清人様(佐賀市)

匿名希望(みやき町)

匿名希望(佐賀市)

匿名希望(佐賀市)

匿名希望(唐津市)

藤原利幸様(唐津市)

藤原伊豆代様(唐津市)

溝口清人様(佐賀市)

 





◆RPF(固形燃料)とは

石炭等の代替燃料として開発された「RPF」は、石炭と同等の熱量を維持しながら、CO2の排出量は2/3、価格も割安、さらにほぼ燃焼しきってしまうなど燃料としてすぐれた特性があり、近年は製紙会社等のボイラー用燃料として需要が増加しています。CO2排出で問題となっている石炭燃料を「RPF」に置きかえることで、地球環境保全に大きな効果をもたらします。